■プレイ日記ログ03
P4-プレイ日記・6月-1

まったり学園生活〜林間学校前
仲間も増え、なかなか楽しい学園生活になってきた。


P3の音楽も良かったけど、今回の音楽もなかなかよろしいカンジ。
天気で、BGMが変わったりするのだね。
通常戦闘曲はノリがいいのに、シャドウ戦だと少し切ない感じになるのもヨイ。
戦うのは、敵であっても誰かの『心』でもあるのだからね。
個人的に、グッときたのは、千枝ちゃんの影との戦闘。
陽介が、『里中・・・今助けてやるからな!』とか言うのですよな。
で、千枝ちゃんの影も、戦闘中『陽介を見ている』とかいうメッセージが出て。
だから、もしや千枝ちゃんは陽介がスキなのではっ!?とか思っていた。
学校でも、大事なDVD貸していたりして仲良さそうだったしね。
まぁ・・・その、『陽介を見ている』の後に、強烈な一撃を喰らった気もするので、好意でなく標的として『見ていた』のかもしれんが。

雪子ちゃん狙いかと思ったら、千枝ちゃんにまで・・・。
貴様、俺のハーレム王国建国の邪魔をするつもりかっ!!?
とか、思っちゃったよ。


完二くん救出したので、まったりとコミュ育成する。
コミュ育成すると、そのキャラの内面や悩みを知ることが出来るのですよな。
千枝ちゃんも陽介もヨイなぁ。
雪子ちゃんの悩みが、ちょっと深刻っぽい。
今回、仲間キャラのコミュが進むと、戦闘面でも強化されるのだね。
『追撃』がとても便利。
『助け起す』の時のセリフがヨイなぁ。
まだ、『庇う』はしてもらったことがない。


そういえば、6月っていうのは『梅雨』であったりするのですな。
すっかり失念。
でも、今年は空梅雨らしいので一安心。

今月は林間学校イベントがあるらしい。
楽しみだなぁ。
お泊りだものね。
ドッキリイベントの一つ二つ、期待してもよかろう?
P4-プレイ日記・6月-2

林間学校〜

やっと、どきどきイベントらしきモノが来たぜ!!
建前は『若者の心に郷土愛を育てる』だろうが、やることが山のゴミ拾いだろうが、知ったことかぁぁ!!
雪子ちゃんや千枝ちゃんとお泊りなんだぜヒャッホウ!!


無駄にテンションを上げ、林間学校前日まで来たが、夕食準備の買出しで不安がよぎる。
メニューは、カレーらしい。
・・・カレーという名前の、何からしい。
片栗粉と強力粉でぐにぐにと練り込まれ、さらに魚介を放り込み、愛で全てを誤魔化そうと試みられる、カレーっぽい料理工程を経て作成された、善良な男子高校生・花村陽介に一口で瀕死の重傷を負わせる超破壊物質らしい。

ダメージから立ち直った陽介が、その物体Xがいかにマズかったかを訴える。
素晴らしい伝達力で、詳細に。
想像出来そうでコワイよ陽介。


そこまでの目に遭わされたというのに、期待するほどのどっきりイベントは何もなかった。
一つのテントで一緒に夜を明かしたというのに、バリケードで隔てられて手は出せず。
水着姿は拝めたが、直後に水の中に突き落とされ。
その上・・・(以下略)


・・・ステータス『勇気』がもう少し高ければ、荷物バリケードなど乗り越え、オナゴの間に潜り込むことが出来たのであろうか。

林間学校。
脅威の破壊物質を食べさせられたというのに、期待するほどのドッキリイベントなし・・・。
P4-プレイ日記・6月-3

久慈川りせ・保護作戦〜りせ失踪。
林間学校での衝撃体験を忘れるべく、ステータスアップに集中してみる。
もうすぐ夏休みだし、テストもあるしね。
ステータスアップは、知識優先でアップさせている。
雨の日は図書室で勉強。


そういえば今回、学校内だけでなく、街中でも恋の病に罹っている者たちが多数存在するようだ。
お姉さんもちびっこも。
ふっふっふ。ヨイねぇ。青春だね?
なんとなく気になっているのは、図書室の前にいつもいる片想い中らしい女の子。
なかなかカワイイ子である。
名前のないサブキャラにも、カワイイ子いっぱいだなぁ。
・・・攻略できんのかな。


赤毛のアイドル・久慈川りせ登場。
アイドル休業して、稲羽市に来るらしい。
次の標的にされるのは彼女らしいというので、犯行阻止するため周辺を見張ることに。
なにやら悩みがあるらしく、テンションの低いりせちゃん。
おや?
公式サイトで、『おったのしみにぃ!』とか言っているイメージとは大分違う。
こう、きゃっぴきゃっぴした子が苦手な私としては、りせちゃんは攻略対象外であったのだが・・・。
雰囲気暗いけど・・・カワイイなぁ。


保護作戦空しく、りせちゃん失踪。
そして『マヨナカテレビ』に映る、りせちゃんの影。

・・・え?
今、なんと?
何語?
『すぅ』って、中国語で『4』だっけ?
でも、次の『とぉ』は?
素で、理解できずにいると、陽介から電話が。
どうやら、『ストリップ』と言ったらしい。
つまり、『脱いじゃうよ〜?』と。

お・・・おおおおおおおお!?
林間学校で地獄を見た俺たちに、神がそんな大サービスを用意してくださったぁぁぁぁぁぁ!!?
いや待て待て!
『今回はゆっくり助けよう』などという選択肢を選びかけるが。
りせちゃん高校生だからっ!!
ゆかりちゃんでさえ、寸止めだったんだから、きっとやらないからっ!!
『脱いじゃう』とかいうのも、きっと別の意味だから!!!

むしろ、速攻で助けにいくべきだろう!?
じゃないとホラ、一番前の席で見れないからっっっ!!!
ドキドキイベントきたーっ!!!
P4-プレイ日記・6月-4

久慈川りせ救出。

前回の完二くん救出とは雲泥の突撃っぷりで救出に向かう。
だってね?
ホラ、脱いでるところに間に合わなかったら困る・・・!!!
・・・もとい、脱いじゃったらタイヘンだから、ね?

うっふん影りせ。
今回のダンジョンは『特出し劇場丸久座』。
いかにもな雰囲気が漂っている。
BGMもうっふん系。
りせちゃん・・・大人だねぇ。

しかし、どうにも女性陣の視線が冷たい。
そりゃあ、アイドルの『すぅ・とぉ・りっ・ぷぅv』に僅かでも期待しないワケなんてないさ!!
だって、健全な男子高校生だからね!!
でもそれは陽介だって同じさ!!なぁ陽介!!?
傍らの相棒に同意を求めるが、陽介は意外にも真面目にりせちゃんを心配しているらしい(本人の言い分では)。
ちっ・・・裏切り者め。
そうやってイイコぶっていればいいさ。
リーダー権限で、貴様はお留守番だっ!!!

そんな感じで陽介を一人残し、ストリップ観賞りせちゃん救出へ。

電気を消されたり、いろいろ焦らされながらもなんとかステージ前に辿り着き、りせちゃんの影と戦闘。
・・・めためた強くて歯が立たん。
あわやの危機をクマに救われるも、今度はクマの影出現。
クマにも深く暗い悩みがあったらしい。

なんとか撃退し、りせちゃん&クマのペルソナゲット。
ストリップは流石になかったが、りせちゃんの影がなかなか刺激的だった。
あれ、いいのか?
クマはさらに自分を鍛える覚悟を固め、その間しばらくマヨナカテレビの探索が出来なくなるらしい。
その間にコミュ育成&スキルアップ。

Back