■プレイ日記ログ01

P4-プレイ日記・4月-0

プレイ前。
ペルソナ4を予約しておきながらも、いろいろあってプレイが今更になってしまった。
ネットにはすでにネタバレが広がっている模様。
もはや、ネタバレを恐れてさっさとクリアする、というような状況ではない。
ならばまったり、プレイ日記でも書きながらやろうではないか。

そんな感じでもったりプレイ。
目標はもちろん、

『オナゴハーレム』

どれだけのオナゴを手篭め・・・もとい、手中にできるかが最大の関心事。
世界の命運?
そんなモノ、二の次。

ビジュアル的に気に入っていたのは雪子ちゃんなのだが、情報が明るみになるにつれ千枝ちゃんも捨てがたいと思い出す。
外見強気っぽいのに、イザという時弱腰になるとか、カワイイではないか。
でも、一番にコミュMAXを狙うのは菜々子ちゃんと決めている。

そんな感じでプレイ開始。


P4-プレイ日記・4月-1

プレイ開始〜堂島家
主人公の名前は『神代悠希(カミシロ ユキ)』。

とりあえず主人公。
ロールオーバーでメガネ着用。
ペルソナが『イザナギ』だからってのと、髪と肌の白い兄ちゃんだからってので購入前から考えていた。
あと、転校生なので、名前の音で『転校生は女の子!?』とか男子学生を散々舞い上がらせ、『男かよ!!』と落胆させられるようなイメージで選んだ。
結果雪子ちゃんとほぼ被りな名前になったが、まぁ気にしない。

今回の主人公はP3主人公と比べ、大人っぽいのもあるが背も高そうだね。
眉毛隠れてるだけでも、ゲームの主人公に必要な『不確定』っぽくなるモノだね。
どんな性格なのか、プレイヤーに委ねられているカンジ。
でも、前より普通の兄ちゃんっぽいね。



電車に揺られ、稲羽市へ。

両親の都合で1年だけ、親戚の家に預けられるらしい。
堂島さんと娘の菜々子ちゃん、二人家族の中に入ることになる。
・・・って、堂島さん刑事で忙しいんだから、夜はほぼ菜々子ちゃんと二人っきり・・・だよね?
・・・いいの?
それより、今までよく平気だったなぁ。
こんな小さい子を一人で残すなんて。

しかしこの菜々子ちゃん、かなりのしっかりモノらしい。
学校までの通学路、案内をしてくれて自分は来た道を戻って行った。
つまり、小学校と逆方向なのに案内のためについてきてくれた、と。

・・・くっ・・・
ダメだよ菜々子ちゃん。
お兄ちゃん、ときめいちゃうじゃないか!!
・・・でも、菜々子ちゃんは従姉妹だよね?
じゃあ、法的に問題は・・・。
いやいやいや。


心の癒し・菜々子。

P4-プレイ日記・4月-2

転入初日〜雪子救出。

転校初日。
かわいいオナゴ・千枝ちゃんと雪子ちゃんにナンパされた。
千枝ちゃんが公式サイトで見ていたよりも可愛く見えるなぁ。
雪子ちゃんはそのまんまの淑やか美人。
校門で変な兄ちゃんに声かけられたりしていたので、美人は美人なりに苦労もしているようだ。
軽そうな兄ちゃん・花村もどうやら雪子ちゃんを狙っているらしい。
千枝ちゃんとも仲良さそう。
・・・負けないよ?

ハーレム第一号候補・千枝ちゃん。
雪子ちゃんも描いてみたが、イメージが掴めずボツにした。
千枝ちゃんもいまいち掴めてないが。
設定資料集、早く出ないかなぁ〜


軽く雑談なんかもして、さあこれから両手に花でジュネスにデート・・・と、なるハズだったのに、どうやら近くで事件があったらしい。
デートが延期になってしまった。
・・・ちっ。
ハーレムの第一歩が遠のいたか。


ハーレムにしか興味のないようなプレイをしていたら、突然花村の知り合いの先輩が殺されてしまった。
その真相を確かめるべく、不思議世界『マヨナカテレビ』の中へ。
そして襲ってくる『シャドウ』
今回のシャドウは、『人の抑圧された内面』らしい。
軽そうだけど普通にイイヤツっぽかった花村の影がいろいろ暴露。
その影を倒して、花村のペルソナゲット。
なるほど。
今回はこういうパターンなワケだね。


誰かが誰かに『マヨナカテレビ』に放り込まれる。

そのまま放置すると放り込まれた誰かは、自分のシャドウに殺される。

そうなる前にシャドウ退治。

仲間&ペルソナゲット。

最終目的は、マヨナカテレビに次々人を放り込んで殺そうとしている『誰か』を見つけ、捕まえること。
マヨナカテレビの住人・クマも仲間にして捜査開始。


さくっと千枝ちゃんのペルソナゲットし、囚われの雪子ちゃんも救出。
雪子ちゃんのシャドウが火炎属性という情報は先に仕入れていたので、火炎に耐性のあるペルソナを用意して行ったら、そんなに苦労しなかった。
えらいぞ、イッポンダタラ。

Back