■キャラ説明
■主人公
 名前:神楽 悠(2周目)
 10年前の事故で両親を失い、以降親戚の間をタライ回しにされていたようだ。
 どういう経緯でか、特殊な人間しか入寮出来ないハズの寮に入ることが決まっていた。
 事前になんらかの調査がされていたのかもしれない。
 
 1周目はいつもゲームの主人公に付けている『セシル』。
 2周目は折角漢字がいっぱいあるようだし、音楽に関係ありそうな名でも・・・と思ってこうなった。
 しかし、あだ名は『鉄面皮』
 人並みに感情はあるが、それがあまり顔に出ない。
 順平のようにリアクションの大きい人間が傍にいるので、余計に無表情に見られている。
 無口・無愛想・無表情の三拍子。ビミョウに天然が入っている。

 本当なら近づきがたいタイプだが、コーヒー好きのため転校して早々にポロニアンモールの『シャガール』の常連となり、あっという間にカリスマMAX。
 今日も老若男女問わず四方八方から熱い視線を浴びている。

 現在付き合っているのは風花。
 が、元々面倒見が悪い方ではなく、イゴール老人の言葉に従ってなるべく人と関りを持とうと努力した結果、いつの間にか千尋ちゃんコミュMAX。
 本人は先輩として男性恐怖症の克服に協力しただけのつもり。
 そんな感じであちこちに多数の『勘違い』を増殖させている。
 無意識のタラシ。
■岳羽ゆかり
 勝気で強気な今時女子高生。弓道部で鍛えられた美脚の持ち主。
 本人もそれを自覚しているためかスカートはやたらと短い。
 校内での男子の人気は高いが、身持ちの良くない母の影響もあり、男と付き合おうとはしないらしい。
 が、敵の精神攻撃にまんまとハマり、ああいう状況になったのは敵の攻撃が協力だったのか、誘惑の言葉どおり、アレが彼女の望む心の内だったのか。

 密かにオバケが苦手で恐がりらしい。
 が、乗せられて校内の怪談の真相調査をさせられるハメになったりする、墓穴掘りの名人でもあるらしい。

 ゆかりちゃんはちょっとだけ主人公を気にしていたという前提で、あのイベントでちゅーまでしてしまったことにする
 そこら辺、SSで書いてみたいねぇ。
 その事で自己嫌悪に陥りつつも、誘惑の言葉を真に受けて、『私、彼の好きなの・・・?』と悩んでいる。
 が、自分がコレだけ悩んでいるのに、彼の方は何も無かったかのように表情が変わらないので、内心ムカついている。(主人公は気にしているが、それが表情に出ないだけ)


 私、ヒロインはゆかりだと思っていたのだが・・・。あれ?違うの?
 ED見る限り、あやしい。
■伊織順平
 正義のヒーローに憧れるチームのムードメーカー。
 が、戦隊モノで言うなら『レッド』の立場を狙っている。。
 なし崩し的に『リーダー』の立場に収まっている、イマイチやる気のない主人公が、なぜかしっかりと結果を出していることに苛立ちを隠せなかったらしい。
 『イイ奴』の枠に収まらない、悩める男子高校生。

 明るく騒がしいキャラであるので、そう見えないが実は家庭環境がかなり複雑らしい。
 入寮が決まったのは、彼にとって良かったのかも。

 目立ちたがりの仕切りたがりなのだろうか。
 最初のタルタロス探索の時に言ったように、いつか活躍して俺がリーダーになってやる!と思っていたのだろう。
 が、能力的な部分や精神的なモノで最終的には『コイツには敵わねぇな・・・』と悟った模様。
 主人公は主人公で、彼の明るさに救われている部分もあると思う。

 謎の美少女チドリちゃんと仲良しこよし。
 はっきりしたまえ。キミはチドリちゃんが好きなのか風花ちゃんを狙っているのか。どっちなんだ?
 
■山岸風花
 チームのナビ担当。癒し系。
 自己主張の少ない性格が災いし、クラスでいじめの標的となるが後に和解。
 料理を作るのは好きらしいが、味の方はイマイチ。
 まぁ、機械関係がスゴいらしいので、それでバランスが取れているのか。

 親に過剰な期待を寄せられているらしい。
 ペルソナ3のキャラはみんな、家庭環境が複雑だ。

 他人を気にしすぎるあまり、内向的で積極性に欠けていたが、いろいろ度胸が付いてきたらしい。
 特に彼女に気に入られるような選択肢を選んでいる気がしなかったのだが、順調にコミュランクMAXに。
 あの無愛想な鉄面皮のどこを気に入ったのか、ぜひお話を聞かせて欲しいところだ。

 第一印象からお気に入り。
 唯一の不満は、設定上しょうがないとはいえ、主人公と一緒にレベルが上がること。
 ダメだよぅ。僕は好きなコよりレベルは上がいいんだっ!
 でも一緒に戦ったりしたかった。そして、ぜひ『ハイレグアーマー』とか『水着』とか『メイド服』とか(略
 普段の恰好が露出少ないから、その差でより楽しめると思ったのになぁ。
 ■真田明彦
 3年生。ボクシング部無敗の王。
 が、その肩書きとはウラハラに結構なボケキャラ。主食はプロテイン。
 モッテモテだが、本人は女の子には興味がないらしい。
 美人でお嬢様な美鶴さんと名前で呼び合う仲。
 なんて羨ましい。

 密かにアダ名は『下マツゲ』。
 やたらに白い肌も気になる。屋外ではトレーニングしないのだろうか。
 カッコイイんだが、幼馴染の美鶴さんにいつもツッコミを入れられ、先輩としての威厳はどう見ても美鶴>真田である。
 子供が苦手なのに天田少年に懐かれ、困惑している様も愉快。
 ■桐条美鶴
 桐条グループのお嬢様。学校もグループが母体になっているため、校内でも密かに権力を持つらしい。
 キツイ外見だが悩める一面もあり、たまにお嬢様ゆえのボケも入る。
 男女問わず人気があり、いろいろ注目の人。成績も常にトップ。

 いろいろあったがゆかりちゃんとも仲良しに。
 立場を超えた友情ってヨイよね。

 1周目ではゆかりちゃんと共にコミュMAXならず。
 2周目を狙っている。
 露天風呂での慌てっぷりが非常に可愛らしい。

 主人公のことはちょっと気にしているといい。
 でも、恥ずかしくて言えないといい。
 
 ■アイギス
 対シャドウ人型兵器。
 兵器なのに人型なのは、ペルソナを操るのに『精神』が必要だかららしい。
 人の手によって作られているので当然のように美少女顔。製作者の好み?
 他の女の子キャラが個性的であるのに対し、実に『正統派美少女』っぽい顔立ちだと思う。

 兵器ロボゆえに日常的な知識はメモリーにないらしい。
 うん。戦闘って非日常だからね。
 いろいろあって主人公に執着しているようだ。
 
 『であります』口調がなくなってからの彼女に、非常に違和感がある。
 そしていつの間にか、ヒロインの座を射止めていたようだ。
 EDの彼女に、ちょっとびっくりである。
 まだコミュ発生させてない。2周目でチャレンジ。
 
 いきなりの告白(?)に戸惑ったものの、立ち位置的には『言葉の通じるコロマル』。

 ■天田乾
 特別課外活動部メンバー最年少?。
 幼くして母親を失ったためか、妙に冷めたところのある大人びた少年である。
 多分、周りの同級生を見ながら、『みんな子供だな・・・』とか思っているんじゃなかろうか。
 が、無理してブラックコーヒーを飲んだりして『大人ぶっている』部分もありカワイイ。

 いろいろあったが、小学生の身で最後まで付いて来れたってのはスゴイと思う。
 
 修学旅行の際、お土産のリクエストをされちょっと気分ビミョウ。
 ゴメンよ・・・私、あまり八つ橋は好きでは・・・・。

 早く大人になりたいというより、『早く大きくなりたい』なのではなかろうか。
 それなら、あまりコーヒーを飲むのはオススメできないような気がする。
 
 ■虎狼丸(コロマル)
 主が亡くなった後も神社を守ろうとした忠犬。
 寮の癒し系。
 アルビノなので色白美人(オス)。

 風花ちゃんに可愛がられ、荒垣さんにおいしいご飯を作ってもらい、モッテモテ。
 
 主人公に次いでLv99到達。
 クリティカル率も高かったように思うし、スピードもある。
 『ケルベロス』は女神転生で登場していた頃からのお気に入りで、悪魔合体するたびにお別れしなければならないのが寂しかった。
 が、今回ケルベロスはコロちゃんの固定ペルソナとなり、最後まで一緒にいることが出来た。
 密かに嬉しかった。
 ■荒垣真次郎
 美鶴さん・真田さんと三人で初期の課外活動部メンバーだったヒト。
 無愛想・無口・威圧感漂うお人だが、意外にも料理好きであることが発覚し、一気に親しみが湧く。
 外見に反したイイ人っぷり。 
 
 
 なにやら仲間になるのを渋っているようなので、この人はかなり後半にならないと仲間にならない人なのだろうと思っていた。
 ら、あっさり仲間になってくださった。
 学校には行っていなかったようだが、そーすると主人公たちが学校に行っている間は何をしていたのだろうか。
 謎の残る人でもある。
Back