■当サイトのみの幼少時兄妹+その周辺設定■
■兄(お名前=ファルーシュ)
 争いを避けるため王宮から離れ、離宮暮らしだったために世間知らずな面を持つ。
 祖母(前女王)には、「そなたが女であれば良かったものを・・・」などと嫌味がましく言われていたため、あまりいい感情は抱いていなかった。
 王宮に戻ってきてからは貴族に「厄介者」呼ばわりされるのに心を痛めながらも、母の力になりたいと武芸に励む。
 父親譲りの負けん気があるものの、他人との衝突はあまり好きではなく、貴族に馬鹿にされてもそれに憤ることがない。
 それが「馬鹿にされているのに腹を立てないのは自分に誇りがないからだ」と妹を苛立たせる原因にもなっていたり。
 ほわほわして覇気がないように見えるのも、「王の器ではないから」と馬鹿にされているらしい。
 
 が、それらへの反発は全て稽古にぶつけているため、上達が凄まじい。
 普段ぽわぽわしていても、稽古の時だけ顔つき別人。
 それを見ていないから、リムには「いつも笑ってばかりいて、貴族にも何も言い返せない気の弱い男」と思われている。
■妹
 権力と財産に対しての執着が強く、己に従わない者は情け容赦なく処罰するという、あまりお手本にならない祖母に2歳までの間に接してきたため、よろしくない影響を受けた。
 その最たるものが『王位は絶対』。
 そのため、王位継承権のない王子を見下しているフシがある。
 また、『高飛車にしてエラそうにしている』のが『威厳がある』のだと勘違いしており、子供ゆえその違いはわかっていない。
 女王&フェリドが、アーメス侵攻・幽世の門解体・闘技奴隷制度の見直し・・・といろいろ立て続けに忙しく、その間幼いリムスレーアに構ってやることが出来なかったため、寂しさを感じていたが王女としてのプライドがそれを表すことを許さなかった。
 自分が何かをしてほしいと思うより先に周りがご機嫌をとって媚び諂うので、他人に何かをねだる事があまりなく、また↑の理由で両親にも甘えることが出来ず、甘え方もわからない。
 だから逆に、それが出来る(親に甘え、可愛がられている)兄に対する妬みもあり、余計反発している部分もある。
 銀の髪が王家を象徴しているのに、王位継承者である自分にそれがないことにコンプレックスもアリ。

 だが、元は聡明なので過ちは過ちと認める素直さも持っている。
 甘え下手であったがために、甘えさせてくれる兄を盲目的に愛するようになった・・・らしい。
 ■リオン
 この時期拾われたばっかりで、礼儀とかはあまりわかっていない。
 拾われた直後は無表情で口数少なかったが、フェリドに接しているうちに心を開くようになった。
 まだ年齢的にも「王子の護衛」ではなく「遊び相手」。
 メインは王宮下働き。
 だが、妙にカンの鋭く、後ろに誰かが立つとすぐに気づくし、歳の割りにナイフの扱いがやたらと上手いことに、周りは「ちょっと変わった子供だなぁ?」とか思っている。
 『お願い』を『命令』かのように聞いてそれに逆らおうとしない。
 そういうところに『名残』があるようで、フェリドは気にしていたりする。
 ■カイル
 アーメス侵攻で手柄を立てて女王騎士見習いになった。
 王子のことは主の子というよりも、兄のような温かい目で見ている。気さくでイイ兄ちゃん。
 ■ガレオン
 現在女王騎士の中で最も在任暦が長く、女王の信頼も厚いため、リムと王子の護衛も兼任したり。
 でも子供の扱いはあまり得意ではないぞ。
 ロードレイク静養には、その出身者ということもあって同行する。
 ■アルシュタート
 リムには良き女王になるようにと厳しく接しているが、それだけでなく正しい方向に導くようにしている。
 リムのことをよくわかっているからこそ、どうすればリムが過ちに気づくかというのも考えて叱ったりしております。
 ■フェリド
 戦場においては悪鬼の如く戦う男も人の親。
 基本的に親馬鹿なので、厳しいことは厳しいが、子供がヨイことをしたときには褒めずにおれず、またスキンシップもダイスキ。
 Top