■幻想水滸伝5・当サイト専用年表■

勝手に考察した「王子幼少時疎開説」と「王子はルゥより年下(=13歳)説」を踏まえて年表を整理してみた。

太陽暦431年
18年前
先代の王位継承争い勃発

アルシュタート:16歳
サイアリーズ:7歳
ハスワール:20歳
太陽暦433年
16年前
アルシュタートの闘神祭
フェリド優勝。
継承争い鎮静化。
アルシュタート:18歳
サイアリーズ:9歳
フェリド:20歳
太陽暦436年
13年前
*1
王子誕生
アルシュタート:21歳
サイアリーズ:12歳
フェリド:23歳
王子:0歳
太陽暦438年
11年前
先々代女王オルハゼータ崩御。継承争い再燃。
『幽世の門』暗躍
マルダース(姉の夫・ゴドウィンの従兄弟)
カウス(妹の夫)
ロザリンド(ゴドウィンの妻)
ヒラム(バロウズ長男)が犠牲となる。
アルシュタート:23歳(懐妊中)
サイアリーズ:14歳
フェリド:25歳
王子:2歳

ギゼル:12歳
ユーラム:8歳
ルセリナ:7歳
*2
王子が東の離宮(仮)に避難。
太陽暦439年
10年前
ファルズラーム(妹)即位。姉を暗殺し、その親族の粛清を行う。 アルシュタート:24歳
フェリド:26歳
王子:3歳
リムスレーア:0歳

サイアリーズ:15歳
ギゼル:13歳
リムスレーア誕生
*3
サイアリーズがギゼルと婚約
太陽暦441年
8年前
*4
ミアキスがクレイグの推薦で女王騎士見習いになる

アルシュタート:26歳
フェリド:28歳
王子:5歳
リムスレーア:2歳

ミアキス:14歳
カイル:16歳

サイアリーズ:17歳
ギゼル:15歳

リオン:8歳
ファルズラームが病気で急死。
アルシュタートが新女王として即位。
アーメス大侵攻
。フェリドの活躍・ルクレティアの智謀で防ぐ。
ガレオン・ザハーク以外の女王騎士が戦死。カイルが義勇軍に参加し活躍。女王騎士に抜擢される。
サイアリーズがギゼルとの婚約破棄。
*5
『幽世の門』解散命令を出すが、幹部5人のうち4人が服従せず、闘争を繰り返す。

激しい抵抗ののち、幹部一人死亡。
残り3人は行方不明。
『幽世の門』解体
リオンを更生施設に送る。
太陽暦442年
7年前
 施設に馴染めなかったリオンをフェリドが王宮に呼び寄せる。

王子:6歳
リムスレーア:3歳

リオン:9歳
*6
王子が王宮に戻る。

太陽暦447年
2年前
アルシュタートが『太陽の紋章』を宿す。
ロードレイク暴動。東の離宮から『黎明の紋章』が奪われる
『太陽の紋章』による粛清及び、ロードレイク領主・ロヴェレ卿一族の処罰。
アルシュタート:32歳
サイアリーズ:23歳
フェリド:34歳
王子:11歳
リムスレーア:8歳

リオン:14歳
太陽暦
449〜450年
幻水5現在
*1
 フェリドへ闘神祭参加するよう勧めたのがアルシュタートだというから、二人の出会いはそれより前ということになるが、一国の姫(それも継承争いの最中)を身篭らせることはないと思う。王子やリムのように、女王騎士もしくは女王騎士見習いの護衛が常に傍にいたハズだし。
 で、いざ闘神祭優勝してもすぐに結婚するワケでなく、東の離宮で黎明の紋章の祝福→ルナスで禊→婚約→西の離宮で黄昏の紋章の祝福→やっと結婚。
 正式な結婚前に手を出すのもまたヤバかろうと思うので、そーなると王子が15歳以上というのはキツいと思う。
 というか、仮に16歳だとするなら、闘神祭を開いた時点でもう妊娠中か生んでるかしなければならんものなぁ。
 闘神祭→結婚までに数ヶ月以上かかるとなれば、王子15歳というのもワリとキツキツ。

 それはそれとして。ちょっと気になることが。
 公式カウントダウンで、最後に公開された『王子誕生』の絵があるじゃないですか。
 王子を抱っこしたママンとパパの後ろから、叔母上が覗き込んでる絵。
 王子が15〜12歳だとすると、あの時点では、叔母上10〜13歳ってことになるのですよ。
 で、絵の中の叔母上はチョーカー(?)はしていないものの、25歳時に着用しているのと同じ赤いタスキ(?)が肩に見えるのです。
 もしかすると・・・・10〜13歳の花も恥らう乙女が、あのぱっくり前全開した服を着ていた可能性が!!?
 ・・・まぁ、王子誕生の時点では、ママンはまだ即位していないハズなのに女王服着ていたり、フェリドも女王騎士長服だったりするので、あの絵自体おや?というカンジもするんですがな。
 
*2
 王子が幼少期王宮から離れていたとするなら、激しい継承争いは十分な理由になると思う。
 王子は男子なので王位には関係しないが、この時、事を起こしたバロウズ卿でなく、その息子のヒラムが犠牲になっているあたり、見境なく暗殺の対象となったのではなかろーか。
 ユーラムとルセリナが一つ違いなので、ヒラムもユーラムの一つ上と考えるなら、殺されたとき9歳ですものなぁ。

 考察の中では王子が批難した場所をルナスとしたが、だったらゲーム中ルナスを訪れた時に金の鉱脈うんぬんの話を王子も知っていそうだなーと思い、東の離宮を仮の避難場所にしてみた。
 東の離宮は王家の別荘にもなっていたようだし、王家への忠誠も熱い官吏が多いし、国宝(=黎明の紋章)のある場所を継承争いしている人間が襲うというのも外聞悪い(?)ので、そこにいれば危険は少なかったのではないか・・・と思う。

*3
 ゴドウィン派の姉との継承争い中に、娘とゴドウィンの貴族と婚約させるってことはないだろうから、ギゼルが前々からサイアリーズに憧れていたとしても、婚約はファルズラーム即位後になる。
 と、すると、ストームフィストの西の森で遊んでいたというのもこの時期か。
*4
 この時期の出来事は順番が曖昧。
 ミアキスが王宮にいつ来たのか・・・ってのは、はっきりしていなかったハズ。
 けれど、サイアリーズの婚約をしっていたことと、年下の女の子(リオン・ルセリナ)は「ちゃん」付けで呼ぶカイルが、2歳年下のミアキスを「殿」で呼んでいるあたりで、ミアキスはカイルより先輩なのではないかなーと思ってみた。
 まぁ、「女王騎士」だし、「次期女王の専属護衛」だから敬意を表しているのかもしれんが。
 前女王崩御だ、アーメス侵攻だとごたごたした時期に、強くてもまだ戦力になるかアヤシイ娘っ子をファレナに送る・・・ってのはナイとすれば、ミアキスが来るのは前女王の治世ではないだろうか?
 クレイグ側から考えれば、フェリドが女王騎士長になった後に推薦するってカタチの方が理想なんだがな。
 しかし、ミアキスのキャラ紹介に「女王騎士になって長い」とか書いてあり、その期間に見習い期間も含めるなら、フェリドの優勝後どこにでも割り込めるかもしれんな。

 サイアリーズの婚約破棄はアルシュタート即位後だろう。
 元々、サイアリーズの婚約はバロウズに縁のあるファルズラーム(前女王)が娘をゴドウィンに嫁がせることによって、元老のパワーバランスをとることが目的だったのだから、ファルズラームが健在のうちは破棄などできん。

 で、アルシュタートの即位とアーメスの侵攻だが、私がアーメスの人間なら、侵攻は前女王崩御直後・アルシュタート即位前を狙う。
 女王が空位の時期であれば、指揮系統が決まっておらず、ファレナの動揺を誘える。
 前女王の継承争いを知っていても、アルシュタート&サイアリーズの心情を知らないアーメスはこの時期、二人が女王位を巡ってごたごたしてるだろうと思うのではなかろーか。
 どっちが総指揮の権限を持っているのかわからん状態であれば、戦争にも勝ち目はないからな。
 が。
 実際はあっさりアルシュタートが女王に決まり、女王騎士長となったフェリドが兵士を統率し、アーメス兵を返り討ち。
 水軍提督・ラージャの猛攻、ルクレティアの智謀もあって、アーメスはボロボロに負かされちゃうんですがな。

 すると、順番は ミアキス推薦→前女王崩御→アーメス侵攻→アルシュタート即位→アーメス撃退→サイアリーズ婚約破棄・・・かな?
 
*5
 公式年表には、『幽世の門』解体の時期については書かれていない。
 先代の継承争いが1年。幻水5の王子の戦いも終結まで1年かかっているようなので、アーメス侵攻も1年かかるとみた。
 その上で、アーメスと幽世の門同時攻略はムリだと思うので、アーメス侵攻の1年後にしてみた。
 国を相手にするのとは違うため、こっちは1年はかからない・・・とは思うが、それなりに時間かかったでしょうな。
 
*プレイ3周目にして、叔母上のセリフから「アーメスはルクレティアの策のお陰で1ヶ月で総崩れ」だったことを確認。ならば幽世の門解体も8年前かもしれない。リオンの「あと2年もすれば〜」というセリフもあるし、その2年後というのが10歳というキリのいい数字を指しているのだとしたら、調度いいしね。
 そして、リオンのほかにも保護された子供がいるのではないか?というのを考えた。保護されるのがリオンだけ、という方が不自然だよなぁ。闘技奴隷の待遇改善などの改革の中で、そういう子供の保護施設も作っている・・・と、思う。(06.11)
*6
 継承争い→アーメス侵攻→幽世の門解体がワリと立て続け。
 なので、王子が戻ってこれるのはそれらが片付いた後だと思われる。
 しかし、王宮を離れた理由が「継承争いに巻き込まれるのを防ぐため」であるなら、祖母の即位の時に呼び戻されるハズだよなぁ、とも思う。
 女王即位式に、その娘の子供がいないってのもマズかろう。
 だが、王子は王位継承権がないからな。リムがいるなら、別に王子はいいや〜くらいだったのかもしれん。
 で、もう一つ、流石に祖母の即位式に出ずとも、己の母親の即位式に出ないのは、いくら継承権がなくともマズイ。
 だが。
 *4のようなカンジで、アルシュタートの即位がアーメス侵攻中のごたごたの中で行われたとするなら、かなり形式を省いて早急に行われたと思う。
 だとするなら、王子が戻るのがこの時期までお預けでもしょうがないかなー、と。
書き直したいことがあったら、さくっと変えると思うぞ。(笑)
 Top