■黎明新報特別版 『幻想水滸伝5の謎に迫る!』
 第5回-3 キャラ考察 新聞記者・テイラー
 
 テイラーのキャラ考察というより、彼の書く『黎明新報』へのツッコミ。

 ゴドウィンの情報統制に反発し、王子軍の元にやってきた新聞記者・テイラー。
 真実を追い求め、体当たり取材を試みてゴドウィンに捕まったりもしている。
 正義感、そして真実を明かす使命感に燃え、王子軍に身を置きつつも、公平中立の立場を崩すつもりはない・・・とか言いつつも、しっかりドラート攻略に力を貸してくれたりもしたヒトである。

 が。

 彼がタイヘンな間違いを犯していたことにお気づきの方もいるだろう。
 私の考察のタイトルに『黎明新報』とつけてはいるが、テイラーになりきってやっているワケではないし『幻水5の黎明新報』とは別物なので、しっかりそこに突っ込ませていただこう。


 軍属になるつもりもないし、中立に徹する・・・らしいが、ちゃっかり本拠地に報道室を作ってしまっている。
 そこで発行しているのが、『黎明新報』。
 公正中立。そして正しい情報を国民に知らせるのが彼のお仕事なので、『黎明新報』も本拠地だけでなく、他の街などでも配られているらしい。
 『黎明新報 0号・黎明新報発刊の辞』でも「黎明新報は王子軍の広報誌ではない」と書かれている。
 

 公正中立、公正中立・・・何度も書いたが、実際のテイラーの報道は、
ちっとも公正中立ではない
 0号で、軍の広報誌ではないと書き・・・しかし次の第一号の連載欄で、いきなり『記者は本連載が軍の勝利に貢献できると確信している』と書いている。
 
それ中立じゃないよ!!
 まるっきり王子派じゃん!!!
 ・・・王子が主人公のゲームなんだから、当然といえば当然なんだがね。
 内容はイベント終了後、それをまとめる・・・といったカンジ。
 「真実の追求に努める」と言っているワリには、驚きの新事実が発覚するということもない。
 「イベントをただまとめられても・・・プレイしてるの自分なんだから、わかってるってば!」ということしか書かれない。
 ああ、そういえば小学生の頃、『学級新聞』とか作ったなぁ〜なんてことを懐かしく思い出されるような内容。
 敵側のキャラの過去が書かれているくらいか。
 

 また、レルカーの炎上、、リムの戴冠式の記事内では、『民衆の間で強い批難』、『民の間で反発』等の言葉があるが、これらもまた、王子に賛同する側に人間の意見である。
 『民衆』『民』などの言葉を使うと、それは『ファレナの一般国民』であるように思われるが、ドラートのゴドウィン派・ストームフィストの人間の意見はまた別であるように思う。
 
安易に『民衆の意見を代弁』するべきではないんじゃないか?
 ストームフィストの人間も『民衆』には違いあるまい。


 で、黎明新報の最大の過ち。
 それが黎明新報第11号。
 『女王親征』後のアレ。
 アレは、まぁ・・・ゲームの中の新聞だからまぁいいか。というカンジだが、本当の新聞なら
あり得ないモノがてんこ盛りである。

 
 2面・リオン嬢重傷。
 ・・・わざわざ報道する理由がわからん。
 死んだのならともかく(仮に死んでいても、しばらくは伏せる)、怪我したことをわざわざ報道するメリットはない。
 リオンは王子の専属護衛であるし、怪我するのは当たり前。
 それをわざわざ、『重傷』と報道し、そのことに軍内部が心を痛めていることをアピールして何になるのか。
 幼馴染のようにして育ったリオンが怪我をして王子が悲しむなんてことは、周辺事情を知っている者なら誰だってわかることで、
王子を支持する人間の不安を煽るだけにしかならない。
 ルクレティアのチェックが入っているなら、発行する前にストップがかかりそうな内容。
 それがこうして書かれたってことは・・・
 
黎明新報、軍内部ではスルーされてますか?


 しかし、最大の間違いはそこではなく。
 
このドラート北東会戦を『王子の勝利』と書いたこと
 その前の10号で、『女王親征はリムスレーアがゴドウィンに強要されたもの』としているし、元々王子軍はリム奪還のために戦っている。
 そしてこの『ドラート北東会戦』の真の目的はリムスレーアが率いる軍を撃退することではない。
 リムの奪還に失敗した時点で、それは『勝利』ではないのである。

 『〜城内に会戦の勝利を喜ぶ空気はなく〜』

 
勝ってない戦いを喜ぶ馬鹿がどこにおるか!!!


 ・・・作戦の目的を聞かされていなかったんだろうか?
 恐らくイベント的にリオンの負傷を取り上げたいんだろうが、新聞としては『リムの奪還に失敗した』ことと『サイアリーズが裏切った』ことの方が重要である。
 それについてこの第11号ではまったく触れず次号に持ち越しているあたり、『真実を報道』する気があるのか?と。


 ってなことで、一つの疑惑が生まれる。
 『黎明新報』は、本当に”新聞”なのか?と。
 なんというか、個人的意見を『民衆の総意』であるかのように書いている雰囲気がある。
 そういうのは新聞記事ではなく・・・・コラムか何かで書いた方がよいのでは?
 新聞記事であるかのように時事を取り扱っているが、アレはテイラーの個人的意見をまとめたコラムだったのだと思えば、『ドラート北東会戦』のアレを勝利などと書いた理由にも納得・・・・
できんわボケェ


 擁護する方向で考えてみる。
 『リムの奪還失敗』『サイアリーズの裏切り』を書かなかったのは、連勝中である王子軍の士気を落とさないための報道規制であった、と。
 実際、テイラーも報道を自粛している部分がある。
 山賊事件のあれこれとか、スカルドとの会見記事を遅らせたこととか。
 それと同じように、リムと叔母上のことも掲載自粛・・・・したのだとしても、リオンの負傷を書いてしまっているのではなぁ・・・。
 そもそも、あの失敗を『勝利』と書く意味がわからん。
 ゴドウィン軍の目的が王子を討つことにあり、それを阻んだことに対して言っているのか、女王が率いるモノとして精鋭を集めたはずの親征軍を追い返したことに対して言っているのか。
 いやいや。
 
あの戦いの真の目的が『リムの奪還』にあったこと自体を、その時点では伏せるつもりだったのかもしれない
 おお、それならば、アレを『勝利』と書いたこともわかるぞ。
 
『ゴドウィンに無理矢理出陣させられたリムを怪我させる事なく、お引取りいただくことに成功した』という意味での勝利なのだ。

 しかし。

 王子軍は徹底して、『王都返還・リムの解放』を求めている。
 今回の内戦が『王子という立場で冷遇されていたことによる反乱』という見方もされている中で(ドラートとか)、例えそれが失敗に終わったのだとしても『リムを保護する作戦をたて、決行した』というのは、王子の大義を反王子派に示すのにかなり有効な情報だと思うんだが?
 うん。
 作戦決行前なら、伏せてもらわないと困るけど、決行後にまで伏せる意味は
まったくないな。

 そして叔母上のこと。
 記事としては叔母上が裏切ったことについて触れず、第12号の連載欄でいきなり『敵』としてとりあげている。
 ・・・段階踏もうよ。
 叔母上が裏切ってしまったことは、確かに記事にはしにくいことなのであるが、リム奪還作戦失敗の要因であるし、裏切った事実を知らせずにいて、叔母上がギゼルと王都にいるところを目撃されれば、『サイアリーズ様もゴドウィンに拉致されたのか!?』との誤解を招く。
 裏切ったことが事実である以上(真意はまた別として)、記事にかかないワケにはいかないんじゃないのかな?
 
真実を報道するんでしょ?
 


 公正だの中立だの真実追及だの、
口先ばっかなテイラーさん。
 しかしまぁ、ゲーム内の新聞、という設定ではそんなにリアルには書けんわな。
 本当の新聞らしく書こうとすると、書けない記事があれやらこれやら。
 バロウズに対して『自業自得』なんて、本当にそうだとしても、新聞に書ける言葉ではない。
 でも、リアルに書けないならいっそ、テイラーも新聞記者見習いでよかったかも。
 ・・・リオンとおそろいなのは癪に障るカンジがするけどな。
 もしくは、それこそ内部報っぽい内容にしちゃうとかね。

 『本日のゲオルグ様目撃情報!エストライズの限定チーズケーキ行列にゲオルグ様がいたとの証言多数!!』
 『尋ね人。スゴイ魔法使いを探しています。心当たりのある方はラフトフリート宿屋まで』
 『ミアキスの占い。銀髪で三つ編みの男の子は今週は姫様の恰好をすると幸運が訪れますよぉ?』


 などなど。

 
 いっそ、『雑誌記者』にしてしまうという手もある。
 
『ファン待望の一冊!!リムまにあvol.5 好評発売中!!!』
 買う。
 999.999,999ポッチでも買う。
 

  
 Top