■順位
 
 「じゃあな、王子様。次も誘ってくれよな!」
 「勝ち逃げすんなよ王子さん!」
 ラン、スバルと釣り勝負で勝利を収めた王子は、にこにこと笑いながら手を振り、本日の戦果を担いで軍自慢の料理長・レツオウのところに向かった。

 
 「うわー王子っ、今日は大物ですねーっ」
 勝負の行方を見ていたカイルが、王子の釣り上げた魚を受け取り、その重みに感嘆の声を上げる。
 「ランとスバルもいっぱい釣っていたから、今日の夕食は豪華だよ。楽しみだね」
 褒められて照れながら、釣り場でまた何か言い合いを始めたらしい二人の少女に振り返った。
 「ところで王子・・・最近、よく釣りに行きますよねー?」
 なにやら意味深な笑みを浮かべ、カイルが尋ねる。
 「・・・?そうだね。気分転換にもなるし、最近やっとコツがわかってきたから、楽しいよ」
 「またまたーっそんなこと言ってーっ!」
 あははーっと笑いつつ、カイルは王子の答えを受け流す。
 そしてずいっと、内緒話するように顔を近づけた。
 「教えてくださいよーっどっちが目当てなんですかー?」
 「・・・・え?何が?」
 困惑する王子に構わず、カイルは続ける。
 「二人ともカワイイし元気だし、すっごく魅力的なんですけど、俺はやっぱりランちゃんかなー?ああ見えて女の子らしいですし、なんてったって
おっきいですからねぇーっ!!」
 ふっふっふ。
 低い声で笑いながらも、その目は遠めでもはっきりとわかるランのふくらみに集中している。
 いやらしいことこの上ない。
 が、王子は。
 「・・・そうかな?普通のコより、小さいくらいじゃない?」
 「えええええっ!!何言ってるんですか王子!!?あ、アレが普通より・・・って!!?」
 「スバルとも、そんなに変わらないんじゃないかな?」
 「ス、ス、スバルちゃんとーっ!?ランちゃんとスバルちゃんが同列ですか王子ーっ!!!?」
 仰天するカイルに構わず、王子は平然と頷く。
 「母上くらいじゃないと、大きい女性って言わないんじゃないの?」
 首を傾げる王子に、カイルは衝撃を受けながらもハーッと長い溜息を吐く。
 「そ、そりゃあ陛下はスゴイですけど・・・・。あー、王子は陛下の大きさが基準なんですね?そりゃあ普通のコじゃ太刀打ちできないなー」
 カイルは一人納得して頷く。
 「・・・でも、母上よりレレイの方が大きいかな?」
 「ええっ!!ホントですか王子!!?」
 「うんホラ、前にヤシュナ村に、シュラに呼ばれて行った事があるだろう?その時ルクレティアも行くからって、シウスとレレイが同行してくれて。今までそんなに気にしてなかったけど、良く見るとレレイって大きいなぁって思ったんだ」
 「み、見たんですか王子!!?レレイちゃんのをっ!!?」
 鼻血吹き出さんばかりに興奮し、カイルが叫ぶ。
 無理もない。ヤシュナ村は、
温泉の名所である。
 しかも、露天風呂で、混浴もあるのだとか。
 「レレイは何も言わないけど、本当はすごく気にしているらしいよ。ルクレティアがそう言っていた」
 「はーっそうなんですかー。・・・いやー盲点だったなぁ」
 本拠地にいる女性の情報は全て網羅していると自負していただけに、ショックだったようである。
 「・・・カイルは、大きい女性がスキなの?」
 「いえ、そういうワケじゃないですど、やっぱ大きいのはキライじゃないですよ。うーん、こうなると気になりますねー。誰が一番なんだろう?キサラさんじゃないのかなー・・・」
 うーんと唸り、真剣な顔でカイルは考え込む。
 が。
 「一番はキャザリーだよ」
 あっさりと王子は答えた。
 「えええええええーっ!!!?」
 「本拠地にいる人間の情報は、全部ルセリナがまとめてくれているからね。多分間違いないよ」
 ルセリナの情報管理能力は誰もが認める確かなモノだ。
 そのルセリナから得た情報であるなら、確実である。
 「うっわー・・・・イイこと聞いちゃいましたーっ!」
 頬を紅潮させ、カイルは言う。
 「こうしちゃいられないなーっ!俺、自分の目で確認してきますねーっ!!」
 「え?」
 そう言うと、カイルの姿は瞬く間に消えていた。
 取り残された王子が、呆然と目を瞬く。
 「あ、王子。お疲れ様でした。・・・・どうしたんですか?先ほどは、カイル様と一緒でしたよね?」
 護衛のリオンが王子に駆け寄り、尋ねる。
 「うん・・・なんか、『女性の中で誰が一番大きいか』って話してたら、走って行っちゃって・・・」
 王子はカイルの消えた方向に目を向ける。
 「女性で一番大きいのは、キャザリーさんですよね。私より20cm以上大きいと思います」
 「そうだね、キャザリーはゲオルグと同じくらい大きかったと・・・・」
 そこまで言って、王子はふと思い出す。
 「・・・・あ、一人忘れてた。一番大きいのはビャクレンだよ。全長で3m以上ありそうだし」



 カイルの目が、何を確かめるのかは、誰も知らない。
 
 
 
 
 2006.6.29

突発ネタ。

シュンミン・エレシュ&ビーバー姉妹・ドワーフを除外すると、
一番小さいのは多分フェイレンではないかと思う。14歳だし。
同じ14歳のルゥもそんなに大きくないかもしれんなぁ。
いや、それよりもフヨウさんの方が小さいか。

一番大きいキャラは、多分キャザリーだと思うんだ。
キャラブックに正確な数値が載ってなかったから確かではないんだが。
ポリゴンで比較する限り、170cm以上はあると思う。
ランは153で、スバルは154。
身長ではスバルが勝っているんだよね。


 Top